快適な暮らしのために

■家屋解体とは
家屋解体とは、一戸建て住居をリフォームする際に行われる工事作業のことをいいます。また、住居を新築するために解体工事を行う場合もあります。
家屋解体工事は単純に家を取り壊す、というわけではなく、手順通りに手続きなどを行って作業を進めていきます。
解体工事を行う際には、家の周りに足場防音シートを敷いて仮囲いをし、屋根瓦や窓、建具を撤去した後に建物の解体を行っていきます。
一戸建ての解体工事費用の相場は一般的に坪当たり、約3.5万円と言われています。
一戸建ての家屋解体で平均的な価格で計算すると、30坪の家屋を解体した場合、約105万円必要となります。

一戸建てのリフォームとして家屋解体を行う主な理由としては、家の老朽化によるものだと言われています。
大体築40年以上の物件が多いと言われています。
木造住宅の場合は約50年以上はもつと言われていますが、定期的にメンテナンスを行った場合になります。

解体工事は様々なケースで行われています。
住居を新築するための解体や、空き家となった家屋の解体、駐車場等の利用の為の解体、住居をリフォームする為の解体、などのケースで行われています。
この中でも最も多く解体工事を行う理由として多いのが、新築のための解体工事と言われています。
リフォームするための解体も多いと言われています。

オススメリンク

Copyright(c) 2014 一戸建てのリフォームに家屋解体 All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme